Welcome!

ロンドン気ままなシングルライフ

2日前
先日IMAXで「The Great Wall (邦題:グレートウォール)」 3D見てきました。

個人評価:★★☆☆☆



監督は「あの子を探して」、「初恋のきた道」、「HERO」などで知られるチャン・イーモウ
「HERO」は、人が飛んだり、んなあほな!?ってシーンが満載ですが、色彩美がなんとも美しく大好きな映画。

グレートウォールとは万里の長城のことで、火薬を求め西洋からやってきたマット・デイモン演じる主人公と、中国の王朝と共に、モンスターと戦う内容。
そう、万里の長城とはモンスターから守るために建てられた、という程なわけです。
そのコンセプトがイマイチしょうもなく思いましたが、映像見るだけでも面白いかなって思って見に行ったんです。
3Dだし。
でも、映像も大したことがなかった。
CGバリバリすぎて、なんかゲームみたい。
だって、モンスターと中国王朝の街並みがあまりにも現実的な風景じゃない。
なんかすべてが非現実すぎて。。。
とにかく漫画だよ。
なんでモンスターにしちゃった?
でも、人類史上最大の建造物「万里の長城」は、その建造の目的について、史実とともに数々の逸話・伝説が伝えられてきたそうで、モンスター説もあるのかもしれないね。

日本では4月14日から公開だそうです。


3日前
先日、ソーホーにある割烹「寿限無 (Jugemu)」に行ってきました。
オーナーは元ロンドン三越レストランの料理長の菊池氏。
以前、Kirazuというお店を経営していたと思うのですが、いつの間にか閉店していて、去年6月にこの寿限無がオープンしたようです。

お店はソーホーの「辻利 (Tsujiri)」のすぐ近く。
小ぢんまりしていて、なんか懐かしい感んじの和食店。
DSC04347.jpg
写真ぼやけてますが、こちらが店内。
カウンターがメインであって、テーブル席がいくつかあります。

料理は基本小鉢スタイルでポーションは小さい。
店内の雰囲気もとても気に入ったのですが、何より感動したのが食器の数々。
私、日本にいた時陶芸教室に通ってたくらい陶器が大好き。
すべての器がかわいいの。
日本だったら和食屋で普通にある和食器ですが、いったいどこで仕入れたのかしら?

以下、料理と食器の数々です。

DSC04330.jpg

DSC04331.jpg

DSC04332.jpg

DSC04333.jpg

DSC04334.jpg

DSC04336.jpg

DSC04338.jpg

DSC04339.jpg

DSC04340.jpg

DSC04341.jpg

DSC04342.jpg

DSC04343.jpg

DSC04344.jpg

DSC04345.jpg

DSC04346.jpg

DSC04348_20170216074635821.jpg

DSC04351.jpg

DSC04337.jpg
アイスペールまで陶器

DSC04354.jpg
一緒に行った面々。
正直、1皿1皿が少ないので、このような大人数で行くのはイマイチですが、1、2人で行くには最高。

ちょくちょくお邪魔していた居酒屋「佐助」が閉店してしまい、気軽に行ける居酒屋がなく嘆いていたので、これからここにお邪魔する機会は増えそうです。
カウンター席も多いので、1人でも来やすい。
しかも1皿が少ないのも1人で来るには最適です。

これからよろしく!


7日前
P1100521.jpg

だいぶ前の話で恐縮ですが、年末年始旅行で訪れていたメキシコのカンクンで、12月29日Duran Duran (デュラン・デュラン) のコンサートがあったので行ってきました。

場所はMoon Palace Golf & Spa Resort (ムーン パレス ゴルフ & スパ リゾート) というリゾートホテル内にあるコンサート会場Moon Palace Arena (ムーン・パレス・アリーナ) での公演。
チケットは前もってメキシコのチケットマスターで購入しておいて、当日現地ピックアップ。

このホテルはいわゆるカンクンホテルゾーンにはなく、少し離れたところにある。
ホテルゾーンは24時間バスがガンガンに走っているのだが、このホテル方面には行かず、たどり着くにはタクシーかレンタカーしかない。
私の泊まってたグランド パーク ロイヤル カンクン カリブからはタクシーで30分ちょっとかかりました。

開場は19時で開演が21時だったので、20:30ぐらいに行きました。
が、チケットオフィスはすごい行列で、しかも対応がめちゃくちゃ遅い。
チケット受け取るまでに30分は待ちました。
もうトイレ行く時間もなく会場へ。
チケットはアリーナの一番いいところのを買っておいたのだが、買った時席番号があったので、てっきり席があるコンサートだと思ってましたが、アリーナには席はなくスタンディング。
でも、丸テーブルがいくつかあって、そんなぎゅうぎゅう詰めではなく、結構前に行くことができました。
めっちゃステージに近い!

で、予定より20分ぐらいおくれてデュラン・デュラン登場!
ん、あれ?
キーボードの前に見知らぬ女の人がスタンバイ。
誰?
ニックは?
どういうわけかニックは登場しませんでした。
病気か?
まぁ、リゾートには似つかわしくない人ですからね、「僕は雨が好き」って昔言ってたし。。。
でも他のメンバーは全員揃ってました。

P1100416.jpg
サイモンは1年前見た時と全く同じ格好。
その時の記事はこちら

P1100442.jpg
この人がニックの代員
結局最後までニックがいない説明はありませんでした。

The Wild Boys」から80年代のヒット曲を連発。
その後、最新アルバムからもいくつか演奏。

P1100471.jpg

で、なんと、普段めったに演奏しない「The Reflex」を披露。
私の一番好きな曲、この時をどれだけ待ち焦がれていたか。
ビデオ撮りました

いや〜最高によかったですよ。
もう泣きそうでした。
なんであんまりやらないんでしょうね、盛り上がるのに。。。
もったいぶってんかな?

で、アンコールで戻って来たサイモンはなぜか「1978」と書いたTシャツに衣装替え。
P1100510.jpg

このコンサートの4日前のクリスマス、彼らと同じ時代に大活躍したジョージ・マイケルが他界した。
サイモンは「ワムは最初はライバルだったけど、すぐに仲良くなったんだ」って当時の思い出を語り、ジョージ・マイケルに捧げて「Save a Prayer」を演奏しました。

そして最後はやはり「Rio
P1100530.jpg
紙吹雪がわんさか、そして大っきなビーチボールもいっぱい出てきました。

実はこのコンサートの10日ほど前、あるイベントのサプライズゲストでデュラン・デュランが演奏したんです。
その時も結構ステージに近くて大喜びしてたのですが、今回はもっともっと近い、まるでライブハウスで見てるようでした。
その時の記事はこちら

ニックがいなくて残念でしたが、こんな至近距離でデュラン・デュランを見たのは初めてで、しかも大好きな「The Reflex」が聞けて本当によかった。

が、この後タクシーがなかなか来ず、ホテルに着いたのは1時半ぐらいでした。
へとへとじゃ。
もしこの会場にコンサート見に行く人は、なるべくレンタカーで行きましょう〜

セットリスト:

The Wild Boys
Hungry Like the Wolf
A View to a Kill
Come Undone
Last Night in the City
What Are the Chances?
Notorious
Pressure Off
Planet Earth / Space Oddity
Ordinary World
White Lines (Don't Don't Do It)
The Reflex
Girls on Film

アンコール:
Save a Prayer
Rio

18日前
先週末、私がたまに参加しているノーチャイルドオーバー35会 (通称NCO35) の、新年会へ行ってきました。
この会は子供なしライフをエンジョイしてる35歳以上の日本人女性限定の集まりで、だいたい月一で開催されています。

今回の会場はサウス・ウィンブルドン駅近くにある日本食レストラン「TAKAHASHI
Nobuのヘッド寿司シェフだった方がオーナーシェフでThe Guardian紙でも絶賛された和食レストランです。

DSC04285.jpg
外観
夫婦経営のこじんまりとしたお店

今回の参加者は28名で、立食でのビュッフェスタイル。
食事代1人30ポンドで飲み物は各自で注文。

食事:
DSC04288.jpg
Hamachi carpaccio verde salsa

DSC04290_2017020207122774b.jpg
Tomato and avocado wasabi ceviche

DSC04292.jpg
White fish and asparagus yuzu salsa

DSC04294.jpg
Tofu seaweed salad

DSC04297.jpg
Salmon sashimi salad ninjin dressing

DSC04300.jpg
Rock shrimp style tempura

DSC04301.jpg
Grilled aubergine miso

DSC04305.jpg
Beef onion teriyaki

DSC04307.jpg
Pork belly aubergine miso

DSC04308.jpg
Spicy tuna maki
Salmon and avocado maki
Eel cucumber maki
Snowcrab and avocado maki
Vegetable maki

DSC04311.jpg
Shrimp tempura maki

ビュッフェって言っても、カナッペのようで1人づつ平等に食べれる様考慮してくれてました。
プレゼンテーションはとても可愛いく、味はもちろん美味しかった。
今度は普通に食べに来たい。

飲み物も安くてびっくりした。

時間は12:30から16:00までの貸切でした。

DSC04315.jpg
参加者達
全員じゃないよ

それから2次回どこ行く?って相談した結果、幹事のTさん家行くことに。
参加者は15人。
ええんかいな、そんな大量な人数が押しかけて!
しかも旦那と猫もいる。
猫はともかく旦那さんは了解してくれたそう。

みんなでスーパーで買い出ししてバスでTさん宅へ。
酔っ払いの日本人おばちゃん達がバスで大騒ぎだよ〜

そして飲んで食べて大騒ぎ
DSC04321.jpg
踊っている子達

DSC04317.jpg
なんちゃって手巻き寿司
具があまりない。。。

DSC04326.jpg
人がいっぱいで逃げていたニャンコも、人が減ってきたら戻って来た。
もう1匹いるんだけど、写真撮り逃した。。。

で私が最後の1人になりまして23時半ごろ帰りました。
Tさんお疲れ様、片付けだいぶ大変だっただろうな〜〜〜〜




22日前
とうとうトレインスポッティングの続編「T2 Trainspotting ( 邦題: T2 トレインスポッティング)」が1月27日にイギリスで公開されまして、早速見てきました。

個人評価:★★★★☆



まさか20年後に続編が上映されるなんて全然思ってなかったし、期待もしてなかった。
一昨年だったか、続編の制作が発表された時は嬉しいやら、大丈夫だろうか?と心配になった。
なんせトレインスポッティングは90年代、一大ブームを巻き起こした青春映画である。
20年後たったオヤジ達がまたやっちゃっていいの?
まさか今更?

実は3、4年前に、Trainspotting: The Reunionというイベントがございまして、監督のダニー・ボイルベグビーを演じたロバート・カーライルなどを迎えて映画を上映し、インタビューとQ&Aという内容で、ラッキーなことに観に行くことができました。
ユアン・マクレガーはオンライン電話で参加しました。
その時の記事はこちら

そのイベントでは続編を作る予定があるとか言ってなかったし、どちらかというと作り損ねてもう今更できないかなって印象を受けた。
ユアン・マクレガーはいい脚本だったらレントンをまた演じたいって言ってたけどね。
あくまで想定の話にすぎないと思った。

プレミアはロンドンではなく、映画の舞台のエジンバラでありました。
その時のハイライト動画があるので貼っておきます。

主演者はこの日初めて完成版を見たそうですが、ユアン・マクレガーは上映中に感激のあまり号泣したんですって。
かわいぃ。

感想ですが、とてもコミカルで面白かった。
若干酔っ払っていたのもあって、たくさんのシーンで爆笑しました。

ベグビーのプッツンぶりは健在、スパッドのおとぼけ振りも変わらず。
レントンシック・ボーイは大人になった感じ。

20年振りにレントンは地元のスコットランドに戻ってくる。
友を裏切り金をネコババしたレントンに、最初はシック・ボーイとスパッドは怒りをあらわにするが、すぐにまたつるむようになる。
だが、ベグビーは違う。
やっとあの時の恨みを晴らす時が来たと、レントンを殺してやる〜っと追いかける。
トムとジェリーを見ているようだ。

で、問題はやはりあのスコティッス訛り。
日本人にはなかなか聞き取れない。
特にベグビーとスパッドの言ってることがわからない。
なので重要な部分で意味がわかりませんでした。
DVDがでたら字幕で見なければ。。。

あと音楽の方ですが、トレインスポッティングが上映された90年代は、イギリスではブリットポップやビッグ・ビートがなどが流行り音楽シーンが大好調で、その当時の音楽が映画でも存分に使われて、サントラも大ヒットしたわけです。
今回はどんな音楽なんだろうか?と気にはなりましたが、今のイギリスの音楽シーンはしょぼく廃れているので期待はできず。
なのでノスタルジーな曲が目立ちました。
ブロンディークラッシュの様な古い曲に、1作目の主題曲アンダーワールドの「Born Slippy」のスローなリミックスバージョン「Slow Slippy」とかかかってました。
最後はイギー・ポップの「ラスト・フォー・ライフ」でした。

まっ、いいよね。

日本公開は4月8日(土)だそうです。
お楽しみに。。。


おまけ:
先日テレビでダニー・ボイルと主演の4人がゲストで出てまして面白かったので載せておきます。



ロンドン気ままなシングルライフ

作者:cheeky-chi

ロンドン気ままなシングルライフ

Londonで生活をエンジョイしている独身女性の生活日記。

7日 1331 総合 4208 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



cheeky-chiさん新着記事



過去記事

cheeky-chiさんへの新着コメント




ロンドンブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 下町ロンドン日記 * My Japlish life in London
2位 ロンドン気ままなシングルライフ
3位 Katsukoのロンドン・ライフ
4位 日常的にロンドン
5位 ロンドン音の木音楽教室ブログ
6位 行くぞ!!ワーホリ@イギリス
7位 ONCE UPON A TIME
8位 日常的にロンドン


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ロンドンでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録