Welcome!

SketchBook

1年以上

まただいぶご無沙汰の更新です。これからは、短い内容でも1ヶ月に1、2回は更新したいなぁと思います。

以前の宣言から2か月後にやっと抱っこ紐作りました!

これはフェリシモのロングセラーのクロスの抱っこ紐のデザイン。 『他の抱っこ紐に比べてすごく軽く感じる』という多くの口コミの評判がっ。 なんといってもピヨ助は背も体重も1歳後半並みなので・・(今は11ヶ月になったばかり)

作り方をネットで調べて、マイブームの薄いパープルの生地で作ってみました。 裏は同じ色合いのギンガムチェックのリバーシブル。 いつも近所に買い物に行くと、行きは体力あって余裕だけど、帰りはホント勘弁な重さになって、足を引きずって亀の歩みで帰る感じなので・・・。 毎回、本気でヒッチハイクしたくなるくらい。マジでマジで。

背中側をバッテンにクロスさせます。 いつもの抱っこ紐より密着するからかな、確かに楽。 これはフェリシモで購入してもお手頃価格(2300円)。 でもハンドメイドだと布の柄を色々好きにできるので、作るママも結構多いようですね。 ちなみにこれは切り売りセールになってた布を使ったので材料費600円台くらいかな。手作りというと経済的そうだけど、布もちょっとこだわって買おうとすると高価だったりしますからね。それにスリングだと布を3~4mとか使うのでハンドメイドでもかなりな材料費になるけど、これは1.5mあれば作れるからよいわ。


お次はモビール。デンマークの有名なフレンステッドモビールのBalloon Mobile 5を参考にして作りました。買うと3千うんにゃら円程するようだけど、 これは画用紙も針金も百均なので、材料費ウン十円。 いくつか作ろうと思ってる中で、これが一番ややこしくて時間がかかるので、あとは楽かも♪








ピヨ助、これを見せて「ふ~」っと息をかけて揺らすと、手を伸ばしたりキャハハ(「ケケケッ」かな・・・)と笑って喜びます。かあちゃんがんばって作った甲斐があったわ~♡







1年以上
レンタル100円の日にDVDを5本借りたのですが、並べてみるとそのうち3本がドキュメンタリーもの。改めて自分がドキュメンタリーベースの映画や本が好きなのね、と思ったのでした。「SEX AND THE CITY THE MOVIE」(ドキュメンタリーじゃない←おふこーす)もすごくおもしろかったし好きですけどねー。

この中でも特に期待を大きく上回った作品が、インドのカルカッタの街で撮影されたドキュメンタリーフィルム『未来を写した子どもたち』。2004年度のアカデミー長編ドキュメンタリー賞受賞作品です。

カルカッタの赤線街=売春窟で育っている子どもたちの多くは、不衛生な環境下で、ろくな教育は受けられず、夢も希望も与えられない。

女の子なら、ある年齢に達するとまだ子どもでも、たいてい客を取らされるようになる・・・何世代にもわたって違法な売春行為をして暮らしているのです。

男の子も、父親が薬漬けだったり、暴力をふるわれたり。

そのまま流されて大きくなれば、多くの子はいずれ犯罪に手を染めて生活する可能性の高いような環境にいる。子どもたちは親の仕事を承知しており、自分もまたこの世界から抜け出せないことも悟っている。それなのに、子どもらしいあの無邪気な笑顔がたまりません。

見てください。この子たちの素敵な表情!!

★ ←サイトへジャンプ

アメリカ人女性フォトグラファーであるザナは、そんな子どもたちをなんとかしてそこから救い出し、教育の機会や可能性のある未来を与えたいと、彼らにインスタントカメラを与え、カメラ教室を開きます。

この子たちが撮った写真がホントすごくイイんです。


      
ニューヨークで写真展を開かれると、大きな反響を得て話題になり、資金が集まり出します。子どもたちの一人で、特に芸術的な才能の高いアヴィジットは、アムステルダムで開催される写真芸術の国際イベントにインド代表として招待されました。(でもパスポート取得にひと苦労・・・)

いろいろな事は一筋縄ではいかずスムーズには運ばない中で、ザナさんが資金集めや学校との掛け合いなどに奔走しながら、彼らは最終的にきちんとした学校へ入学できる機会が与えられます。

写真教室を通して、子どもたちは自分を表現することを学び、互いの写真を批評し合うことを通して
自分たちの感情や考えを明確に表現することを学んでいきます。そして意見を認め合う場を得て、他人に対する敬意や自己価値を高めていくのです。

そのおかげではじめて自分に自信がもて、現実的な目標としての夢を持つことができるようになったと、子どもたちの一人アヴィジットが後にアメリカへ進学を果たした後語っていました。

※ザナさんのこの活動は、「kids with Cameras」という団体を通して、貧困街の子どもたちがひとりでも多く学校へ行けるよう今も続いています。

----------------------

映画後も展開があります。DVDの特典にある『3年後の彼ら』と大学進学前のアヴィジットへのインタビューも合わせて見るのをオススメです。

決して暗い映画じゃなく、とても希望のある映画です。そして、観終るとすっかり子どもたちのファンになるような、そんな個性を持った子ばかり。ちゃんと自分の世界を客観視してるし、頭もいい。

きっと世界中の子ども達ひとりひとりがそうなんだよね。

彼ら数人を通して、世界じゅうにいる希望を持てない子どもたちに、何か手を差し伸べることはできないかな・・と思ってしまいます。

独り身で若い頃なら、思わずインド行きを考えたかも?!それは多分なかったでしょうけど言い出しかねない(笑)

でも、そうじゃないんだよね。いつも夢や希望はどこか遠くにあるように思えるけれど、そうとは限らないことが多い。相対的に見て何か大きなことを果たすことだけがミッションではないもんね。

自分にとってできることは、目の前にある自分の役割を果たすこと。
遠くにいこうが、ここにいようが。
いつも「いま、ここ」しか存在しないのだから。

シンドラーや、ザナさんの活動を見て心が奮い立つのなら、私は自分の子どもを、この映画に出ていた子どもたちを同じように、希望や可能性の機会を存分に与えることに努めよう。

周りの大人が「世界は素晴らしい」ということを教えなければ、子どもは希望が持てない。

素晴らしい=環境が恵まれてるとか素敵だとか何でもあるとかそういうことじゃなく。
幸せは選択できるということ。
心のあり方・・・

なーんて、私自身もまだまだ難しいのにねぇ。
自分の人生も、子育ても、人生愉しく修行ですな┌(´∀`* ┐)┐)))エッチラオッチラ
1年以上

すっっかりご無沙汰なエキサイトブログです。
簡単に近況報告を。

ピヨ助も早8ヵ月半。相変わらずデカい。
6か月の健診の時点で75cm&10kg。
(助産師さんに「計り間違いでは・・?」と言われたほど!)
よく動くようになったから、2か月経った今はほとんど増えてない気はするけれど。
感覚値ではプラス1cm&1kg弱、といったところかしら。

例にもれず、ママじゃなきゃイヤ&人見知り期。
(でもパパも大好きで、自分からパパの方へ行って遊んでもらいたがる)

ずり這い絶好調&好奇心全開であっちこっち移動して
新しいものを探索するのが楽しくてたまらないという感じ。
この夏は阿蘇へ温泉や、BBQ2回、その他もろもろ~外出はガンガンしてます。
男の子なので激しいとはいえ比較的手はかからない方みたい。
「いい子ね~」と言われることが多いのだけど、ホント0歳児でも空気読むんですよね。
まっ今でも目が離せないので大変っちゃ大変ですけど
もっともっとハイパーになっていくこれからが大変なんでしょうねー。


◆甚平を作りました

メンドクサガリでおおざっぱなんですがモノを作るのは好きです。
でもハンドメイドって始めると時間かかるから、なっかなか取りかからず。

今も色々と計画中。(布は用意してるのだけど)

・クロス抱っこ紐
・ママバック
・スタイ(よだれかけ)
・カーテン
・モビール

もし1か月以内に全部できたら、自分に大きな拍手を送ろう!!


これはお盆前までに作らねば、と、
手拭いで、パンダ甚平作りました♪





めっちゃパンダでしょw

ピヨ助を連れておばあちゃんちに行く時は、
まず仏壇に手を合わせることにしてます。

蝋燭の灯。線香の白い煙と匂い。お鈴が響く残音。。

ご先祖様への感謝の気持ちを伝える機会。

うちのお盆は、おばあちゃんが毎食、精進料理を作って
4膳分(+餓鬼さんの分)仏様にお供えします。

家に仏壇がない家も多く(うちもないけど)、
こういう行為が少なくなってる現代だからね。

"日本人の心"刷り込みマス!

(英語も話せるようにシマス・・・)

1年以上

押入れの布団の下の方って取り出しにくくないですか?
無理やり取り出すと上の方崩れるし・・・
上にある布団達を一旦取りだしてよけて~とかめんどくさいし。
それにいっぱい重ねてると通気性悪いけん、ダニやカビが心配よねぇー。
というわけで二段に分けられる棚を作りました。

ニ●リで買ってきた幅1mの"すのこ"に、足と補強板にする木材をナフ●で買ってカットしてもらい(1カット10円よん) トンテンカンしました┌(´∀`* ┐)┐))) (下の住人うるさかったろうや・・・)

わたし設計&製作(夫:アドバイザー&共同製作)ですが、かなり気に入ってます!

売ってるやつは「なんで??」ってくらい高いやん?
(あってもプラスチックや鉄製とかが多いよね?)
あると絶対便利だと思うのに、あんまりみないのはなんでかなぁ。
(見つけきってないだけ?)

それに木製なので、直接精油を垂らせば防虫・防カビもできるし。
今回はパチュリ、シダーウッド・ローズマリーを垂らしときました(・ω・)

構想から数か月・・・(←取り組んでなかっただけ・・)

finally I've done it!!!

あーー満足♡

1年以上

イギリスでガーデニング用のゴムバケツとして使われてきて、今はカラフルな色がたくさん揃っているTubtrugs(タブトラッグス)。リサイクルのボリエチレン樹脂100%だそう。そのきれいな色合いに惹かれ、以前から欲しいなーと思っていて、ついに購入。

増える一方のピヨ助のガラガラや小さなぬいぐるみをMサイズのパープルのTubtrugsへポイポイ入れられて便利!やわらかい素材だから、ピヨ助がもうちょっと大きくなって乱暴に扱っても壊れないし。Lサイズは、ピヨ助用の洗濯カゴとして。Lサイズ、やはり思っていたとおりものっすごでっかくて、すごい存在感で洗面所にいらっしゃいます(笑)でも何かと洗濯物多いから、それでいいのだー。

5つで送料無料だったんで、Lサイズひとつ、Mサイズ4つ買っちゃいました。
そんなにうちで使うわけではなく、最近びっくりするほど仲のいい人たちの妊娠ラッシュなので、出産祝いにいいなーと思って。ぬぐるみやおもちゃもですが、"おくるみ"やらなんやかや、赤ちゃんのものってなにかとあるじゃないですか。だからきっと役に立つんじゃないかな。

SketchBook

作者:speechinuk

SketchBook

イギリスとマルタ共和国でボランティア→日本でSpeech Therapist→メルボルンでワーホリ(日本語教師アシスタント)→帰国して産婦人科でアロマのお仕事、というごちゃまぜブログ。

7日 02 総合 425 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



speechinukさん新着記事

第2子..
1年以上



過去記事

speechinukさんへの新着コメント




ロンドンブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 下町ロンドン日記 * My Japlish life in London
2位 ロンドン気ままなシングルライフ
3位 ロンドン音の木音楽教室ブログ
4位 Ou・La・La!
5位 すばらしきUK生活のすすめ
6位 Katsukoのロンドン・ライフ
7位 英国式紅茶教室・マナー教室~VictorianMannerRoom ~
8位 ● ● ● natsukipim.com


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ロンドンでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録