Welcome!

ロンドン音の木音楽教室ブログ

3日前
ギターのレッスンは、他の楽器のレッスンと同じように、簡単で単純なものから複雑なものへと少しづつ順に進んでいきますが、ある段階に来た時に、音が出ない、上手く押さえられないということが突然発生することがあります。たとえば、指に大きな負担を強いる押さえのコードが出てきたときです。そんな時に、地道な技術練習ももちろん大切なのですが、まずはその前に楽器が十分に弾きやすい状態になっているかを考えてみてはいかがでしょうか。

残念ながら新品のギター、特に大手メーカーの量産品の場合は、最も弾きやすい状態に調整されているとは限りません。メーカーとしては音がビビって不良品として扱われないように、多少弾きにくくとも音が確実に出るようにしているのでしょう。クラシックギターの場合は柔らかいナイロン弦ですのであまり問題は出ないのですが、特に、非力な女性が鉄弦のアコースティックギターを弾くとなると、時になかなか大変な苦労が伴う事もあります。

楽器のせいではない、演奏技術がまだ足りないのだから、まずはがむしゃらに練習にはげむべきだと仰られる方もいらっしゃいます。そういうのも大事なことでしょう。しかし、そのように言われる方に私のギターを弾いていただくと、多くの人が、自分のものとは弾き心地が全然違う!とおっしゃられます。せっかくの練習で最大の結果が得られるためには、まずは楽器の調整を含めた環境を整えることが大事ではないでしょうか。


— 一緒にロンドンで音楽をたのしみましょう Otonoki Music School 音の木ピアノ&ギター・ウクレレ教室





10日前
楽譜上にあらわれる太字のf・pとは、それぞれforte(強く)、(弱く)を意味する省略形です。そのfとpを組み合わせたfp、すなわちフォルテピアノというものもあります。fp(フォルテピアノ)とは通常、強く弾いた(フォルテ)後に、突然、もしくは次第に弱く(ピアノ)するという意味です。一方で、pとfの順が逆になったpfという記号もあります。上記のfpの例から類推すればピアノ・フォルテ、すなわち弱く弾いた後にすぐに強くするということになりますが、実はそうではありません。pfにおけるpはpianoの略ではなく、poco(少し)、あるいはpiu(よりいっそう)の略だということです。つまりpfとはpoco forte(少し強く)、あるいはpiu forte(より強く)の意味になります。


上記の譜例を見てください。マテオ・カルカッシによるギター教本からのもの(Allegretto in F major)です。中段にpf(赤丸で囲んだ部分)が出現しますが、先ほどのピアノ・フォルテ(弱く開始し、強くする)の意味で捉えてしまうと、ギターの音楽としては 意味がよく通らなくなってしまいます。ここではやはり少し強く(poco forte)、あるいは直前のmf(青丸)のセクションよりも強く弾く(piu forte)の意味で捉えるのが自然です。pfで始まる同セクションの終わりにf(黄丸)の指示が出てくることを考えると、ここでは少しだけ強く—あまり強すぎないように—弾くのが良いでしょう。

ちなみに、ダニエル・ゴットリーブ・テュルクは1789年に出版した著書クラヴィーア教本の中で、pfについて「一部の教本で説明されているように、piano forte、つまり弱強を意味するのではない」と断り書きをいれていますが、これはつまり現代の私達だけではなく、18世紀にはもうすでに混乱がある記号だったということを示しています。

— ロンドンで音楽を一緒にたのしみませんか? Otonoki Music School 音の木ピアノ&ギター・ウクレレ教室
15日前
ウクレレの魅力のひとつは、高いポータビリティ(Portability)でしょう。ギターもそうですが、ウクレレはさらにちいさいので、ほんとうにどこへでも気軽にもっていけます。教室に来ている小学2年生の女の子の生徒が、クリスマス会に持っていってクリスマスの曲を弾いたり、次は日本に持って帰っておじいちゃんのためにハッピーバースデイを弾くと言っていました。習ったことが生活の中にダイレクトに活かされていますね。ものものしいセッティングを要するコンサートだけでなく、日常のさまざまな場面で弾けるという意味ではウクレレはとても実用的な楽器だといえるのではないでしょうか。独奏楽器としても、うたの伴奏楽器としても、相手に威圧感を与えること無く、自然に風景にとけこめる楽器です。イギリスはこれから次第に暖かく、よい季節になりますが、ピクニックやアウトドアのお供にもよいかもしれませんね。


— ロンドンで一緒に音楽を楽しみませんか? Otonoki Music School 音の木ピアノ&ギター・ウクレレ教室
17日前
最近、ベートーヴェン作品を弾かれる方が何人か教室にいらっしゃっるので、この機会にと思い、テクラ社(Tecla)から出版されている、32曲のピアノ・ソナタの初版譜のファクシミリ(リプリント)を購入しました。


現代の、よどみ無くスッキリとした印刷技術に慣れた目から見ると、よく言えば味がある、悪く言えば荒く、不鮮明で見づらいというような印象を受けますが、当時はもっとも細密な印刷技術であったのは間違いないでしょう。少なくとも、それこそが作曲家が考えていた出版譜のすべてであり、自分や他の音楽家に読まれることを想定して創作に励んでいたのです。このような楽譜を、現代のLEDではなく、ろうそくに毛がはえたようなランプの暗がりで眺めた光景を想像してみてはいかがでしょうか?違った音の世界が開けてくるはずです。

ある作品を読み解く上で、初版譜はまちがいなく重要な資料の一つです。ときには最終決定稿として、残されている自筆譜以上の意味を持ちます。様々な出版社から出ている原点版と称されるエディションは初版譜を含む様々な資料を参照しながら編集されていますが、やはりどうしても現代の編集者の視点からは逃れられません。なによりもまず、様々な資料をもって、唯一の「本当の作曲者の意図」を照らし出そうというその態度こそが大変「現代的」であるとも言えるでしょう。一方、当時の楽譜を眺めてみると、たとえばレイアウト一つとっても、現代の要求とは全く違う考えの元に作成・編集されていることがわかります。

本も楽譜もただの抽象化された記号や情報ではありません。それを忘れて、ある部分だけに焦点をあてれば、一方でこぼれ落ちる部分も出てしまうのです。原典版というのは、作品を包括的に、そして手っ取り早く理解する近道ではあるでしょうが、まだ情報として取捨されていない一時的資料に直接に当たるというのは、作品の全体と本質をとらえる上で、大きな意味があると思います。

*テクラ社のブライアン・ジェファリが、現代のエディション(ヘンレ版)とを比較して、いくつか細かな記譜上の違いと、それが音楽解釈に与える影響について述べています。

Why, exactly, this Tecla edition may be useful to pianists.


— ロンドンでピアノ・ギター・ウクレレを習うなら、Otonoki Music School 音の木音楽教室



22日前
少し前の話ですが、教室に通う中学生の男の子が突然合唱のピアノ伴奏をすることになったと言いだして、大変驚きました。何しろピアノをはじめてからまだほんの1年ほどで、普段の様子からは、とてもそんな大役を務められないと思えたからです。クラスの中には他にもピアノが上手な生徒はいたものの、名乗り出る人が他に誰もおらず、場の流れで”つい”、立候補してしまったということです。立候補した後、本人もしまったと思ったようです。しかし、自分で言いだした事もあって、それ以来自らすすんで真面目に練習に励み、結局驚くほどの速さでものにしてしまいました。自主性というのは大切だと気付かされます。長い間楽器をやっていても、習得した技を誰かのために使うことができるというのは、なかなかできる事では無いと思います。音楽を通して、自分に自信をもち、物事に前向きになっていけるのは喜ばしいことですね。

— Otonoki Music School 音の木ピアノ&ギター・ウクレレ教室 (ロンドン)

ロンドン音の木音楽教室ブログ

作者:otonoki

ロンドン音の木音楽教室ブログ

北ロンドン・フィンチリーにある音楽教室 (ピアノ・ギター・ウクレレ)、OTONOKIのブログです。

7日 1836 総合 285 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



otonokiさん新着記事



過去記事

otonokiさんへの新着コメント




ロンドンブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 下町ロンドン日記 * My Japlish life in London
2位 ロンドン音の木音楽教室ブログ
3位 イギリス好きな貴方を応援する Averie LTD
4位 LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン
5位 ロンドン気ままなシングルライフ
6位 Katsukoのロンドン・ライフ
7位 蛍雪時代in London (Birkbeck留学戦記)
8位 たのしいおいしい英国物語


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ロンドンでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録